So-net無料ブログ作成
検索選択

冬の薬膳やさい味噌(2009年~2010年冬商品) [冬の薬膳やさい味噌]

冬3種(200).jpg
「冬柚子(ゆず)の香り」     「生姜(しょうが)の味わい」    「冬のカレー味」
1瓶120g: 600円(税込み)  1瓶120g: 600円(税込み)    1瓶120g: 800円(税込み)

私達が毎日いただいている野菜や食材には、その季節ごとに体に働く作用があります。そして組み合わせにより、その作用が変化したり高まったりします。薬膳は、季節の食材を中心に献立に取り入れ、その日の体調により組み合わせを調整し、食材の体への働きを最大限に活かした食事(養生法)です。日本の昔ながらの食事は、薬膳の考えがベースとなっています。この「冬の薬膳 やさい味噌」は、日本人が冬の季節に起きやすい体の変調をサポートできるように、季節の野菜と生薬を組合せ、土鍋でじっくり煮込み、お味噌で美味しく調理した“おかず味噌”です。
一つひとつ、国際薬膳師で漢方アドバイザーの石塚ひろのが手づくりしています。

■「冬柚子(ゆず)の香り」 
体を温め、寒さやかぜに負けない体力をつけるといわれる生薬を使用し、冬の体調を整える32種類のまるごと野菜と食材をお味噌で煮込みました。ゆずの香りで心と体をリフレッシュしましょう。
美味しい食べ方レシピ
◎ふろふき大根にのせて
◎ゆでた里芋につけて
◎湯豆腐の薬味に
◎お豆腐のお味噌汁に少々入れて


■「生姜(しょうが)の味わい」
「冬の薬膳 やさい味噌」に生のショウガを皮ごとすりおろしました。冷え込む冬の食卓にご利用ください。
<美味しい食べ方レシピ>
◎お豆腐の薬味に
◎納豆の薬味に
スープのかくし味に
◎お肉料理のソースに混ぜて

■「冬のカレー味」
「冬の薬膳 やさい味噌」にうこん(ターメリック)などのスパイスを使用して「冬のカレー味」に仕立てました。
<美味しい食べ方レシピ>
◎朝食のお目覚めカレーに
◎カレートーストとして
◎カレーチャーハンに
◎お鍋のカレー薬味に
◎揚げ物の味付けに


6種の生薬と26種類の野菜と食材を使用
生薬6種.jpg
冬は体を温め、気血の巡りをよくし、寒さやかぜに負けない体力づくりが大切です。「冬の薬膳やさい味噌」では、冬の体づくりに良いと言われている、朝鮮人参、花椒、大棗(なつめ)、蓮子(ハスの実)、枸杞子、山薬、の6つの生薬を使用しています。

野菜16種.jpg
赤ピーマン、百合根、玉ねぎ、にんじん、ブロッコリー、オクラ、ゆず、りんごにら、生姜、ニンニク、干し椎茸、黒豆、大豆粉、クルミ、栗、桜えび、唐辛子、鰹節、白胡麻、黒胡麻、鶏肉、味噌、はちみつ、てんさい糖、黒砂糖の26種類の野菜と食材を使用。
保存料、酸化防止剤、着色料などの添加物は使用していません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。