So-net無料ブログ作成

好評発売中「白きくらげのぷるぷるシロップ煮」 [白きくらげのぷるぷるシロップ煮]

新商品「白きくらげのぷるぷるシロップ煮」です!
上野万梨子先生の「ギャラリーリブレ」の「つかの間のマルシェ」でも試食販売しています。
毎月第4日曜日 午前11時~午後2時
ご興味のある方は、ぜひお立ち寄りください。
「白きくらげのぷるぷるシロップ煮」
あんず&マンゴー(200).jpg
「あんず」 「マンゴー」 各140g 500円

白きくらげは、古くから不老長寿の食品として珍重されていました。
だ液や胃液、粘膜など、(血液も含む)体内のすべての液体を補い、肺を潤すので咳にもよく、免疫機能を高める作用もあるといわれています。
食物繊維も豊富で便秘にも効果的。腸内をきれいにし、肌を潤すことで美肌に効果があるといわれ、楊貴妃が好んで食べたというまさに美容の食材です!この「白きくらげ」を、トロトロになるまでコトコト煮ると、ゼラチン質の成分が抽出され、プルプルとろりとしたジャムのようになります。
これに、氷砂糖とワイン煮した枸杞子(クコの実)、ドライあんず(またはドライマンゴー)を加え、美容効果と食感の楽しさを加えました。さらに、ハチミツとメイプルシロップでコクを引き出し、レモンの酸味で爽やかに仕上げました。
いずれの食材も、体に潤いを与え、皮膚の乾燥を防ぎます。氷砂糖はのどを潤す効果もありますので、白きくらげと一緒に摂ることでのどの乾燥も防ぎます。

<お召し上がり方>
●そのまま召し上がると、ぷるぷるした白きくらげと、ドライあんずまたはドライマンゴーとの食感や味わいがマッチし、ヘルシーなデザートとして最適です。
●ヨーグルトやミルク、フルーツ等と混ぜると、とてもまろやかな優しいデザートになります。
●また、ジャムの変わりにパンにのせてもおいしくいただけます。
●ただし、寒い冬は体を冷やしがちです。冷えが気になるときはシロップごと温めて、ショウガ汁を少量加えて召し上がると美味しくいただけます。
タグ:新商品
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。