So-net無料ブログ作成
検索選択

上野万梨子先生に“おいしい”って言っていただきました! [薬膳みそ販売奮闘記]

2009年10月26日
先日参加した食関連のパーティーで、料理研究家・上野万梨子先生を紹介していただきました。
雑誌でしか見たことのないあこがれの方です。

ダメもとで、「薬膳やさい味噌」のチラシをお渡ししたところ、美味しい大根をいただいたので、ふろふき大根に試してみたい」とお電話をいただきました。

お電話いただけるとは思っていなかったので、びっくり!
さっそくお送りしたところ、「後からじわじわと美味しさがにじみ出てくる感じで、とてもおいしかった」と言ってくださいました。
また、「パンにつけてもいいわね。」とも・・・。
上野先生は 「“タルティーヌ Tartine”」というペーストも開発されているので、上野先生に言っていただけるとファイトがわいてきます。
もっと多くの人に食べてもらいたいです!

上野先生は、フランス料理を家庭に紹介した第一人者です。
1975年にパリのル・コルドン・ブルーに単身留学し、翌年帰国。77年から90年まで東京・玉川田園調布でフランス料理教室「La Nouvelle Image」を主宰しました。クラシックなフレンチをベースに、上野先生ならではの工夫を加えた“ア・ラ・マリコ料理”は大人気で、大勢の生徒さんが押しかけました。

91年パリに移住して以来、パリを拠点に書籍、雑誌への執筆、イベントの企画編集、商品開発等のコンサルティングなど、食の幅広い分野にかかわるコンセプトデザインを手がけていらっしゃいます。

96年、当時の有楽町SAZABY HOUSEにてフランスの食をテーマとした企画展「Jour et Nuit」を企画編集。ジャン=ポール・エヴァンのショコラ、クリスチーヌ・フェルベールのコンフィチュール、フランス地方のアルチザンが造る食材などを紹介し話題となりました。

01年、パリ左岸のデパート、ル・ボン・マルシェの食品館、La Grande Epicerie de Parisにて日本食材を紹介する企画展「WA-fumi」をプロデュース。フランス人にとっての日常の食材に日本のエピスリーをプラスした、オリジナルレシピを紹介し、日本食ブームのきっかけを創出しました。

現在パリを拠点に活躍されていていますが、昨年玉川田園調布に、日本とフランスの食をベースとした情報発信スペース「ギャラリーリブレ」をオープンされました。
「食」に関わるセミナーやイベント、料理レッスンなどが企画され、食と暮らしを大切にする方々が集まる素敵なスペースです。
タグ:グルメ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

冬至には、南瓜や小豆粥を食べて、ゆず湯に入る [節気と食材]

冬至⇒カボチャと柚子でかぜ予防ってだけではありません。深い意味があるんです。
 二十四節気の一つ「冬至」は毎年12月22日ごろ。陽(昼)が一番短い日で太陽の力が一番弱まった日ということになります。力が一番弱まった日ということは、この日を境に再び力が強まる(甦る)日であるともいえます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

薬膳の考えをベースにした、野菜たっぷりの「おかず味噌」が出来ました。 [秋の薬膳やさい味噌]

秋+カレー(100).jpg
「薬膳やさい味噌」とは
「生薬・薬草」を煎じたスープで、 たくさんのまるごと野菜を煮込み、 お味噌で仕上げた「季節のおかず味噌」
です。
一つひとつ、国際薬膳師で漢方アドバイザーの石塚ひろのが手づくりしています。

薬膳は“くすり”ではなく、健康づくりの食事です。
私達が毎日いただいている野菜や食材には、その季節ごとに体に働く作用があります。そして組合せることで、その作用が変化したり高まったりします。

薬膳は季節の食材を中心に献立に取り入れ、その日の体調により組み合わせを調整し、食材の働きを最大限に活かした食事(養生法)です。日本の昔ながらの食事は、薬膳の考えがベースとなっています。

この「秋の薬膳 やさい味噌」は、乾燥する秋に起きやすい体の変調(空咳、のどの渇きや痛み、声のかすれ、髪のパサつき、皮膚の乾燥・かゆみ、便秘など)をサポートできるように季節の野菜と生薬を組合せ、土鍋でじっくり煮込み、お味噌で美味しく調理した“おかず味噌”です。

健康のために我慢して食べるのは長続きしません。心も満足してはじめて健康といえるのだと思い、時間をかけて味を調節しました。
そのかいあって、ご利用いただいたお客様は、本当に美味しいと喜んでくださいます。

毎日の健康づくりにお役立ちできる“常備菜”として、ぜひお試し下さい。

●食べ方はいろいろ、毎食の常備菜として美味しくいただけます!
ご飯にのせて.jpgご飯やおかゆにのせて  野菜ロール巻き.jpgレタスに巻いて
焼肉と巻いて.jpg焼肉と巻いて  お豆腐で(サイズ小100).jpgお豆腐のトッピングに
味噌ラーメンに.jpgラーメンのトッピングに  野菜スティックで(サイズ小100).jpgスティック野菜につけて


春夏秋冬、四季を通じて展開します。
第一弾は「秋」、「秋の薬膳やさい味噌」「季節の薬膳やさいカレー味噌・秋」の2品です。
秋(80).jpg
「秋の薬膳やさい味噌」
120g ¥600(税込)
夏に奪われた体の水分を増やし、肺の働きを補うといわれる生薬(百合、枸杞子、白きくらげなど)を使用して、秋の体調を整える20種類のまるごと野菜を味噌で煮込みました。ゆずの香りです。
<美味しい食べ方レシピ>
◎ふろふき大根(または、おでんの大根)にのせて
◎ゆでた里芋につけて
◎湯豆腐の薬味に

カレー(80).jpg
「季節の薬膳やさいカレー味噌・秋」
120g ¥800(税込)
「秋の薬膳 やさい味噌」にうこんなどのスパイスを使用
して「秋のカレー味」に仕立てました。 朝食のお目覚
めカレーやトーストにどうぞ。
<美味しい食べ方レシピ>
◎カレートースト(食パンに薄く塗って焼いて)
 さらにチーズを載せて焼くとカレーピザトースト
◎春巻き・鳥の唐揚げにつけて
◎奴とうふの薬味に(長ネギ、おかか等も一緒にのせて)
◎お鍋(水炊き・しゃぶしゃぶ)の具と出汁を器に取り、
 カレー味噌を溶かすと薬膳スープカレーの出来上がり。

<お問い合わせ・ご購入申込み>
有限会社 ライキング (企画製造販売) 
〒335-0004
埼玉県蕨市中央1-17-30-1-102
TEL/048-445-1695
FAX/048-444-5977  
E-mail/ otomu@ba2.so-net.ne.jp


季節の食材と生薬で、病気になりにくい体を作る「秋の薬膳やさい味噌」 [秋の薬膳やさい味噌]

秋の薬膳やさい味噌(ゆずの香り)、季節の薬膳やさいカレー味噌・秋
秋+カレー(100).jpg
■生薬6種類
「秋の薬膳やさい味噌」では、秋の乾燥による体の不調を防ぎ、健康維持に良いと言われている、山薬、百合、黄精、甜杏仁粉、銀耳(白きくらげ)、枸杞子の6つの生薬を使用しています。
秋の生薬6種.jpg

野菜&食材16種類以上
赤ピーマン、玉ねぎ、にんじん、蓮根、ブロッコリー、アスパラガス、オクラ、ゆず、柿、小松菜、生姜、ニンニク、干し椎茸、大豆粉、落花生、唐辛子、鰹節
白胡麻、黒胡麻、豚肉、味噌、はちみつ、てんさい糖の23種類の野菜と食材を使用。保存料、酸化防止剤、着色料などの添加物は使用していません。
野菜の集合.jpg

中国医学(以下「中医学」)では、人間も自然の一部と考えます。気候の変化とともに体も変化します。
季節の変わり目に体調を崩す人が多いのは、その変化に対応できないからです。このバランスの崩れを整えるのが季節ごとに出回る旬の食材です。

食物には、臓腑に対する作用、気血水に対する作用、体を温めたり冷やしたりする作用など、それぞれ体に対する作用が異なります。
これらをバランスよく組み合わせ、生薬で効果を高め、お味噌で美味しく調えたのが今回開発しました「季節の薬膳やさい味噌」です。
季節の食材と生薬で、季節ごとにおきやすい体の不調を整え、病気になりにくい体を作ります。

気力を補うためにはごはんやおかゆにのせたり、体に熱がこもっているようなら野菜で巻いたりドレッシング代わりにしたり、潤いが足りないようなら豆腐と一緒に、体が冷えるようならスープやラーメンのトッピングにしたり ・・・と、毎日の食事に自然に組み込めます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

離れて暮らす両親をサポートしたい [商品開発のきっかけ]

秋+カレー(100).jpg

離れて暮らす両親をサポートしたい
そもそも「薬膳やさい味噌」を作り始めたきっかけは、離れて暮らす両親の健康をどうやってサポートしようかと考えたことからです。
二人暮しの食生活は単調で、野菜不足になりがちです。加齢による体の衰えも加わり、生活習慣病も心配でした。

健康な体づくりには、食事と適度な運動と睡眠だと言われていますが、体を作り動かす素材を取り入れる食事は最も重要です。
また、運動や睡眠は少し自分で気をつければ何とかなりますが、食事は作る手間がかかるだけでなく、自分に何が合うのかわかっていないと逆効果になったりします。

とはいえ、自分に合った食材をバランス良く摂るのは簡単なことではありません。
健康食品も数多く出ていますが長続きしません。栄養素ばかりを考えて食事をするとストレスともなります。
食べるということは楽しいことであり、おいしく食べて体も心も満足して初めて健康といえるのだと思います。

そんな自然な食事法はないかと考えていところ、日常的な身近に手に入る食材で病気を寄せ付けない体をつくるという「薬膳」に出会いました。
「病気になった時のことを心配するよりも、病気を予防することを考えよう」と思い「中医薬膳学」を学びました。
ただ、それを基に献立を考えるには知識が必要です。

そこで、国際薬膳師の資格取得を機に、両親でも簡単に食べられる美味しい薬膳はできないかと思い、“季節のおかず野菜味噌”を考えました。これなら、「毎日の食事に簡単に取り入れられ、無理なく生薬や多くの野菜を摂ることができる」と思いました。

このたびご案内いたしました商品は、長年両親のために作り続けておりました“季節のおかず野菜味噌”をさらに美味しく改良したものです。気候の変化で崩れやすい体のバランスを整えるための生薬を煎じたスープで、季節の野菜をまるごと煮込み、お味噌で美味しく仕上げた商品です。




冬の薬膳講座~寒くて乾燥する冬は、体を温め腎を補う食材でエネルギーを蓄える、アンチエイジングの薬膳。~ [薬膳講座]

2009年11月23日 女性のための鍼灸『メイ治療室』で「冬の薬膳講座」を開きました。

「寒く乾燥する冬は、体が冷え、代謝が低下し、気血の循環が悪くなる季節」
冬は一年中で最も寒い季節で、「寒くて乾燥」しているのが特徴です。
冬の寒気はからだの陽気を消耗させるため体が冷え、エネルギー代謝の低下とともに気血の循環も悪くなります。そのため痛みやしもやけ、関節や筋肉のこわばり、肩こり、腰痛などの症状が現れ、高血圧、心臓・脳血管疾患などが発病しやすくなります。
また、乾燥した空気は、口鼻の乾燥、のどの痛みや渇き、咳や喘息、皮膚の乾燥といった症状が現れます。環境の変化から身を守っているのは、皮膚や粘膜です。これらが乾燥して防御しきれなくなると、ウィルスが侵入し、かぜをひきやすくなります。
かぜやインフルエンザなどのウィルスは、寒く乾燥した環境で活発になります。そのため、流行性のかぜは12~3月が最も流行りやすいのです。
このように、体に害を及ぼす冬の寒さを「寒邪(かんじゃ)」といい、乾燥を「燥邪(そうじゃ)」といいます。

【この時季に良い食材は 「腎を補う食材を!」】
冬は五臓のうち「腎」の機能が盛んになります。
中医学では、五臓の働きは、それぞれの季節とつながっていると考えます。
春には「肝」の機能が盛んになり、夏には「心」の機能がよく働き、秋には「肺」の機能が収れんし、冬には栄養成分を貯蔵するために「腎」の働きが活発になります。中医学での「腎」は、現代医学の腎臓も含めたもっと広いとらえ方があり、両親から譲り受けた「精(せい):生命力」を蓄えているとされてます。

つまり、「腎」は全身のエネルギーの源であり、水分の代謝・呼吸の安定・尿の生成と排泄・便の排泄に関係しています。また、ホルモン全般・膀胱・骨・髄・脳・腰・ひざ・耳(聴覚)・歯・毛髪などを作る栄養源ともなり、人間の成長・発育・生殖・老化に深く携わっているのです。(そのため、腎を強化することはアンチエイジングにもなります。)

冬は寒さなどから気血の流れが悪くなり、皮膚からは水分が排出されにくくなります。体内の不要な水分のほとんどは尿として排出されるため、腎臓への負担が大きくなります。

冷えから新陳代謝も下がり、体内に老廃物も溜まりやすくなり、便秘になる人も少なくありません。
女性は冷え性、生理痛、生理不順がひどくなり、慢性病も誘発しやすくなります。抵抗力が弱いとかぜをひき、さらに「腎」が弱ります。

このように冬の薬膳では、「腎」を補うことを重視します。同時に、陽気を蓄え、体を温め、代謝を促進。乾燥を防ぐために肺を潤し、機能を高めて免疫力をつけることも大切です。
さらには胃腸の機能を高めること。「腎」の栄養源は、飲食物を受けて消化する「胃腸」から補給されます。
つまり、「胃腸」を健康に保つことで「腎」の機能も補強されるのです。


①腎を補う(腎の機能を高め、腎精~全身のエネルギー源~を蓄える)
・腎を温めて機能を高める
くるみ、羊肉、鶏肉、えび(桜海老も可)、なまこ、岩魚、山芋(長芋)、カリフラワー、ブロッコリー、ニラ、シナモン、山椒、フェンネル、丁字(クローブ)、ヨモ ギ、栗(甘栗)、うなぎ、タラ、カツオ、イシモチ、スズキ、太刀魚、とんこつなど。

・腎精を補う
貝類(牡蠣、はまぐり、ホタテ、赤貝、ムール貝など)、烏骨鶏(肉・卵)、鶏卵、うずらの卵、イカ、サメ、タラ、カツオ、イシモチ、太刀魚、豚肉、アスパラガス、白きくらげ、クコの実、黒ゴマ、黒豆、ぶどう(干しぶどう)など。


②免疫力をつける(「肺」の機能を補う)
・肺の機能を助ける
もち米、山芋(長芋)、うなぎ、さば、サメ、桃、はちみつ、ニンジン、落花生など。

・肺を潤す
百合根、アスパラガス、小松菜、銀耳(白きくらげ)、にんじん、牛乳、チーズ、豆乳、ゴマ(黒白)、落花生、松の実、ひまわりの種、鶏卵、うずらの卵、豚肉、ホタテ(干し貝柱)、赤貝、牡蠣、イチゴ、ぶどう(干しぶどう)、桃、みかん、枸杞子(クコの実)、五味子、はちみつ、砂糖、氷砂糖など。


③体の中を温め、陽気を蓄える
ネギ、しょうが、山椒、丁字(クローブ)、コショウ、シナモン、ニラ、唐辛子、フェンネル、桂花、黒砂糖、鮭、マス、アジなど。


④気血の巡りを良くする
・気の巡りをよくする
玉ねぎ、グリーンピース、みかん、陳皮、きんかん、シソ、桂花など。

・血液の流れをよくする
酢、酒、うこん(ターメリック)、紅花、サンザシ、よもぎなど。


⑤胃腸の機能を高める
干し椎茸(きのこ類)、栗(甘栗)、山芋(長芋)、キャベツ、ブロッコリー、じゃが芋、かぼちゃ、さつま芋、うるち米、もち米、いわし、さんま、サバ、イシモチ、カツオ、スズキ、タラ、うなぎ、牛肉、鶏肉、にんにく、大棗(ナツメ)など。


⑥消化を促進し老廃物を排泄する
大根、カブ、トマト、里芋、唐辛子、いちじく、桃、サンザシ、酢、レモン


【カンタン温めレシピ 「しょうがハチミツ」】
冬は寒さで体が冷えます。
体温が1℃下がると、基礎代謝は12%・免疫力は30%落ちると言います。
寒さで血流が滞ると白血球の力が弱まり、カゼをひきやすくなるというわけです。

こんなときに活躍するのが「しょうが」!

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

かぜ・インフルエンザの養生薬膳~免疫力アップと、早めの対処を!~ [薬膳講座]

2009年10月18日 女性のための鍼灸『メイ治療室』で「かぜ・インフルエンザの養生薬膳」を開きました。

『冬のかぜは、寒さや乾燥といった周りの環境(ウィルスも含む)が「風」とともに体内に侵入し害を及ぼしたことによりおこる病気』
かぜの原因の8~9割はウィルス感染によるもので、その種類は200種類ほどあるといわれています。中でも悪質なのがインフルエンザです。一般のかぜ(普通感冒)の症状は呼吸器症状が主体で、胃腸炎症状などが起こることもありますが、大抵軽度です。これに対しインフルエンザは、呼吸器症状に加え高熱と全身倦怠感、筋肉痛、関節痛、頭痛など全身の症状が現れ、重症化しやすいのが特徴です。
しかし、どんなにインフルエンザが流行していても、かかる人とかからない人がいます。これは体の抵抗力(免疫力)が関係しているためです。この抵抗力を高め、病気の原因を排除してかぜを治そうというのが中国医学での対処法です。

「寒気のする冬かぜは、温めて追い出す」
 中国医学による冬のかぜは、寒さや乾燥といった周りの環境(ウィルスも含む)が「風」とともに体内に侵入し害を及ぼしたことによりおこると考えます。寒くて乾燥する冬は、身体が冷えて発症することが多く、悪寒から始まります。
そのため「かぜにかかったらまずは体を温めて治癒を早める」ことを目的として養生します。
ただし、ひき始め、あるいは症状が激しい時、治りかけ(回復期)などかぜの時期や、その人の病気に対する抵抗力の程度によって症状が変わってきます。例えば比較的体力がある若い人や子どもが風邪を引くと、寒気がして熱が上がって、体の節々が痛くなります。病気と戦う力があるため、体が体温を上昇させてウイルスの増殖を防ぎ、治そうとするときの防衛反応の表れです。一方、体が虚弱な人や年配の人が風邪をひくと、微熱が続き疲労感や胃腸障害などが現れてきます。このように人によってかぜの症状の現れ方は多様です。症状に合わせて早めに養生すれば回復も早くなります。

【かぜ・インフルエンザを予防するには】
いまのところ、かぜやインフルエンザの特効薬はなく、養生が一番大切です。
普段から心身共に健康的な生活を心がけるとともに、体調が悪くなりかけていると感じたら、胃腸に優しい体が温まる食事を食べ、早く就寝し睡眠を充分にとり、体を休め、生命力、自然治癒力を高めることが必要です。人間の体は温めることと脾胃(胃腸)を整えることで生命力、自然治癒力が高まるようにできているからです。ごく当たりまえのことなのですが、忙しいとついつい怠りがちです。
新型インフルエンザの感染爆発が懸念される今日、不安がるより日々の養生を心がけましょう。

【かぜ・インフルエンザ予防に良い食材】
①防御力をつくる=「肺」の機能を補う
環境の変化による外邪から身を守っているのは、皮膚や粘膜です。これらが防御しきれなくなると風邪をひきます。前述したように、外邪(寒さやウィルス)は鼻、口、皮膚から侵入し、まず体の表面と肺を襲います。冬は乾燥しますので、皮膚やのど、鼻の粘膜が乾燥し、外邪が侵入しやすくなります。中医学では、「肺」の機能と「皮膚」「粘膜」の乾燥には密接な関係があると言われています。「肺」とは、臓器としての肺の意味だけではなく、呼吸機能に加えて気管支、のど、体温調節、免疫機能、体液の調節など肺とつながっている肌などの機能すべてを含みます。「肺」の機能を補う食材を積極的に摂ることで体内外の乾燥を防ぎ、かぜやインフルエンザにかからない防御力をつくりましょう。
また、乾燥を防ぐために加湿器を使ったり、夜寝るときに首にタオルを巻きマスクをするのも効果的です。
●「肺」や体に潤いを与える食べ物 アスパラガス、小松菜、銀耳(白きくらげ)、牛乳、チーズ、豆乳、ゴマ(黒白)、松の実、ひまわりの種、鶏卵、うずらの卵、豚肉、ホタテ(干し貝柱)、赤貝、牡蠣、桃、みかん、いちご、レモン、枸杞子(クコの実)、五味子、はちみつ、砂糖、氷砂糖など。 ●肺の機能を補う食べ物 ショウガ、とうもろこし、山芋(長芋)、はとむぎ、桃、クルミ、にんじん、落花生、梅干、うなぎ、さば、朝鮮人参など。

②基礎体力を養う(胃腸の機能を整え、免疫力を高める)
中医学では、「脾胃(胃腸)」は「肺(皮膚・呼吸器・体温調節・体液の調節・免疫機能など)」を丈夫にする母親のような役目をする、と考えます。食べたものは胃腸で消化され栄養源となり「肺」に送られます。つまり、「脾胃(胃腸)」が元気でなければ「肺」の機能は補えず、皮膚や粘膜、呼吸機能、免疫力も強化できないのです。 免疫力を強化する食べ物(胃腸を丈夫にして肺の機能を助ける)
干し椎茸(きのこ類)、栗、山芋(長芋)、キャベツ、ブロッコリー、じゃが芋、かぼちゃ、さつま芋、里芋、豆類、いちじく、桃、うるち米、もち米、いわし、さんま、サバ、うなぎ、牛肉、鶏肉、大棗(ナツメ)など。

③寒さにあたらない(冷やさない)
寒い外気にあたって体が冷えると、体の機能は落ちます。健康な人であれば飲食物から熱をつくって体を温め、機能の低下を防ぐことができますが、その力が弱っている人は、気血水の流れが滞り、代謝や免疫力が落ち、かぜやインフルエンザにかかりやすくなります。首(首・手首・足首)や腰、背中など、寒気が入りやすい場所を中心に寒さを防ぎ、体を温める食材や調理法で体温の低下を防ぎましょう。
●体の中から温める食べ物 ショウガ、白ねぎ、香菜、ミツバ、みょうが、シナモン、シソ、ニラ、唐辛子、山椒、こしょう、フェンネル、黒砂糖、鮭、鯵など。


【 冬風邪のひきはじめには・・・】
◎「生姜紅茶」がおすすめ
寒さによる冬の風邪に効果がある食材に「生姜」があります。生姜は体を温めて発汗させ、新陳代謝を促進してくれます。また生姜には、吐き気を和らげたり咳を止めてくれる効果もあります。代謝が落ち、免疫力が低下しやすい冬には多くとりたい食材です。
「生姜紅茶」は、紅茶、黒砂糖も体を温める作用がありますので、
トリプル効果で体の中から温めてくれるおいしいお茶です。
 <作り方>  使う材料は、生姜、紅茶、黒砂糖(ハチミツでもOK。咳が和らぎます。)
 ①すりおろした生姜(または生姜汁)と黒糖少々をカップに入れておきます。
 ②そのカップに沸騰したお湯で入れた紅茶を注ぎます。
  *生姜は、沢山入れると味が強くなりますので、味見しながら加減してください!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。